犬の病気と前立腺肥大

 

前立腺肥大というのは人間の男性だけでなく犬でも発症することはあります。
雄犬にも前立腺の病気があるんですよ。

 

前立腺は膀胱の後方において尿道のそばにある副生殖器です。
精液における非常に重要な成分を作り出しているのです。

 

この前立腺における病気の中で最も多いのが前立腺肥大なのです。
6歳以上の去勢をしていないオス犬に発症します。

 

前立腺肥大の原因は精巣から分泌される雄性ホルモン、そして雌性ホルモンとのバランスが崩れてしまうことが原因となっています。
前立腺の肥大というの腫瘍性によるもの、細菌性のものなどいくつか種類が分かれます。

 

前立腺肥大の症状ですが、初期の段階ではほとんど身体に異変を感じることはありません。
しかし、前立腺が肥大することで、肥大した前立腺が臓器を圧迫してしまい、様々な症状が出るようになります。

 

また、肥大した前立腺が尿道を圧迫し、排尿時に出る尿の量が少なくなります。
その結果、頻繁にトイレに行くようになります。

 

前立腺肥大は出来る限り早期に病気に気付き、治療を開始することが重要です。
普段から定期的に健康診断を受けたり、トイレの回数が多い時などには一度動物病院で検査を受けてみるようにすると良いでしょう。
飼い主さんがどれだけ普段から愛犬を観察しているか、ということが重要になりますよ。