犬の病気と緑内障

 

眼は房水と呼ばれている液体によって常に満たされています。
そのため、いつも液体によって眼圧を一定に保つことができているのです。

 

しかし、これが何らかの原因によって房水の流れが阻害されてしまい、眼圧が高くなってしまうことがあります。
そして、この眼圧が高くなることで起こる症状を緑内障といいます。

 

白内障ほど多い病気ではないのですが、症状が激しく出るようになると痛みも伴います。
そのため、普段から眼を細めたり、眼の周囲を気にしているようなときには、少しでも早く病院に連れて行ってあげるようにしましょう。

 

緑内障を発症すると眼は充血してしまい、瞳孔は散大します。
さらに角膜が混濁するようになることもあるのです。

 

次第に光を当てても瞳孔が収縮しなくなります。
最初に片方の眼に緑内障の症状が出ることもありますし、両目同時に症状が出ることもありますよ。

 

治療は症状に応じて分類されますが、点滴や注射などの入院治療も行われます。
点眼や内服薬などであれば在宅治療も可能になります。

 

早期発見が非常に難しい病気になります。
残念ながら受診時にはすでに視力を失ってしまっていることもあります。
そのため、少しでも眼に異常があるのであれば、その都度病院で治療を開始するようにしましょうね。