犬の病気と中耳炎

 

中耳炎というのは外耳炎が悪化してしまい、中耳に炎症が起きてしまう状態です。
鼓膜が破れてしまったり、鼻やのどに炎症が起こることもあります。

 

中耳炎を発症してしまうと、痛みを伴うのが特徴です。
中耳は耳の根元あたりにありますので、そのあたりを触れると痛みを感じるようになります。

 

さらに食欲がなくなったり、熱が出ることもあります。
重症になると化膿してしまい、膿が鼓膜を破ることもあります。
鼓膜が破れてしまうと名前を呼んでも聞こえないために振り向かなくなります。

 

外耳炎が原因となっている場合には、外耳炎の治療をまずは行います。
抗生物質を使用したり、薬剤を使用して洗浄するというのも効果的ですよ。

 

予防法ですが、まずは外耳炎にならないことが最優先です。
そのためには定期的に耳掃除をするようにして、シャンプーの際には耳に水が入ってしまわないようにしましょう。

 

一度中耳炎や外耳炎を発症してしまうと、それ以降トラウマになり耳を触られるのを極端に嫌うようになることもあります。
そのため、そのようなことにならないよう、外耳炎や中耳炎にならないように普段からしっかりと耳掃除をしておくようにしてくださいね。

 

飼い主さん以外に、この外耳炎や中耳炎を予防することはできませんよ。