犬の病気とアレルギー性皮膚炎

 

アレルギー性皮膚炎というのは人でも多くの方が発症していますよね。
アレルギーというのは、免疫機能が過剰に働くことによって発症するものです。
そして、このアレルギーの原因となっている成分をアレルゲンといいます。

 

吸引性アレルギーはほこりやカビ、花粉などを吸引することで発症します。
症状は全身に出るのですが、足先や脇の下などに発症することが多く、痒みも酷くなります。

 

接触性アレルギーの場合にはアレルゲンに触れることによって皮膚炎を起こします。
この場合、首輪が原因となっているのであれば首にアレルギー反応が出ます。
つまり、触れた場所にだけアレルギー反応が起こるのです。

 

植物性アレルギーは食べ物が原因となっているため、耳や頭、口といった頭部を中心に症状が出ます。
ただし、体中にアレルギー反応が出ることもあります。

 

このアレルギー性皮膚炎を予防するためには、アレルゲンを取り除くことがなによりも重要です。
一体なににアレルギー反応を起こしているのか、ということを調べてみるとが重要です。

 

そして、アレルギー反応を起こしている物質を生活の中から排除するようにしましょう。
そうすることでアレルギー性皮膚炎を予防することができるようになりますよ。